AKB48Mobile

詳細

AKB48 13期生公演 in TDC 〜今やるしかねぇんだよ!〜×AKB48 14期生公演 〜泣いても笑ってもラストステージ〜

AKB48 13期生公演 in TDC 〜今やるしかねぇんだよ!〜×AKB48 14期生公演 〜泣いても笑ってもラストステージ〜

発売日:2017年10月20日
価格:¥10,500+税(税込¥11,340)
品番:AKB-D2359

【DISC1収録内容】

  • 1. AKB48 13期生公演 in TDC 〜今やるしかねぇんだよ!〜

【DISC2収録内容】

  • 1. AKB48 14期生公演 〜泣いても笑ってもラストステージ〜

【DISC3収録内容】

  • 1. AKB48 13期生公演 in TDC〜今やるしかねぇんだよ!〜特別座談会

AKB48 13期生9名がステージを独占した「AKB48 13期生公演 in TDC 〜今やるしかねぇんだよ!〜」とAKB48 14期岡田奈々・小嶋真子・西野未姫3人でのラストステージ「AKB48 14期生公演 〜 泣いても笑ってもラストステージ 〜」がDVD&Blu-ray化!!

<AKB48 13期生公演 in TDC 〜今やるしかねぇんだよ!〜>
相笠・梅田の卒業前に実現した13期単独コンサート。かねてよりメンバーが「いつか13期生だけで」と願っていたコンサートが実現したこの日のセットリストオープニングを飾ったのは「RESET」。歌の中にある、「我らがチームK」という歌詞を「我らが13期生!」と歌唱、相笠をはじめ早くも涙ぐむメンバーも。

「フライングゲット」では、メンバーが特技を交えたパフォーマンスを披露。4歳から10年間習っていたという村山彩希のタップダンス、岩立、梅田、茂木による勇壮な和太鼓、さらに、「13期生にとって勝負の舞台」という意味を込め、篠崎が書道で「勝」と「舞」の2文字を認めた。
中盤では、13期生の劇場公演への思いを込めて、姉妹グループも含めた全公演の楽曲をメドレーで披露。チームAの「PARTYが始まるよ」からSDN48の「孤独なランナー」までの22曲を、約18分にわたり一気に披露。
本編の最後は、卒業する2人の希望したという「光と影の日々」を13期生のデビューから現在までの思い出の映像が流れる中、9人が声を震わせながら歌唱した。
「13期!」コールの中再び会場に登場したメンバーはアンコールでは涙はなく笑顔でパフォーマンスし、最後は劇場公演を大事にしてきた13期生らしく「シアターの女神」で締めくくった。

<AKB48 14期生公演 〜 泣いても笑ってもラストステージ 〜>
三銃士 岡田奈々、小嶋真子、翌日卒業を控えた西野未姫の3名による初の14期生公演。
研究生時代の前座ガールズを思い出して「ミニスカートの妖精」を披露するなど全26曲を3人でやりきった。
西野未姫のオーバーリアクションによる「箱の中身はなんだろうな」やてんとうむChu!メンバー渋谷凪咲・北川綾巴・田島芽瑠・朝長美桜からのビデオメッセージ、14期卒業生からの手紙など、笑いあり涙ありの公演となった。

特典映像には、13期生9名が公演本番や裏側に密着した映像を見ながら思いを語る特別座談会を収録。

【商品仕様】
DVD3枚組

【封入特典】
なし

【注意事項】
※内容は、予告なく変更する場合があります。
※デザイン・仕様の一部が変更になる場合がございます。